人気記事!

おすすめの記事!


※このRSSフィードはVIPインフォ速報独自システムにより配信されています。
相互依頼は問い合わせフォーム よりお願いします。



Loading・・・

『サムライ・ハイスクール』撮影時、今までに感じたことの無い疲労感に襲われたそうだ。主演としてずっと出ずっぱりのドラマで、あまりの忙しさに「自分の許容範囲を超えてしまった。」と語る。

そしてある日ドラマの撮影が休憩に入り楽屋に戻った時、突然に三浦は携帯で“農業学校”の検索を始めたという。

「役者をやめて俺は農業の道に行こう。」その時の精神状態は自分でも説明がつかないだろう。「とにかく今の状態から逃げ出したい、故郷(茨城)へ戻りたい。」この一心だったのだ。

この時は母親に説得され思い止まったものの、すっかり俳優として自信が無くなってしまったらしい。

続いての『ブラッディ・マンデイ Season2』の撮影では、全く台詞を覚えられずに現場に入ったことがあった。

すると監督から「おまえ座長(主役)なんだからさ。」とこっ酷く怒られたそうだ。すると今まで話を聞いていた寺脇康文(49)が、「主役の仕事って現場の空気を作るのも、責任があるんだよね。」と優しく諭す。

三浦は内向的で人とかかわるのが苦手だったといい、現場のことまで考えていなかった。しかし監督に怒られ、「なんて自分は、無責任だったんだろう。」と泣いて猛反省したそうだ。

このことを機に三浦は“芝居で主役を担うこと”の意味を理解し、精神的に強くなることができたという。

http://tehbsa.jugem.jp/?eid=853&pagenum=0#gsc.tab=0

Loading・・・

新着記事フィード(自動取得された記事です)

おすすめの記事