人気記事!

おすすめの記事!


※このRSSフィードはVIPインフォ速報独自システムにより配信されています。
相互依頼は問い合わせフォーム よりお願いします。



Loading・・・

昨年4月の「池袋暴走死傷事故」で、自動車を運転し11人を死傷させた自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)の罪で起訴された旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三被告(89)の初公判が8日、東京地裁で行われる。事故で妻の真菜さん(当時31歳)、長女・莉子さん(同3歳)を失った松永拓也さん(34)がスポーツ報知の取材に応じ「心の回復、再発防止、そして悪い判例を作らないために真実を知りたい」と思いを明かした。

事故から1年半。ようやく初公判の日を迎える松永さんは「被害者参加制度」を親族とともに用いて出廷し、自ら被告に質問をする意向を持っている。

「生まれて初めての経験ですので恐怖心も緊張もありますけど、加害者や司法と向き合っていきたいです」

加害者への憎悪の感情ではなく、適切な処罰を求めて法廷に臨む。

「加害者の心をコントロールすることはできませんが、遺族の声を聞いて、自分自身の罪と向き合ってほしいと思います」

事故直後は加害者側から謝罪の手紙などはあったが、最近は連絡や接触はない。

「車の不具合を主張するのは権利なので自由ですが、遺族としては反省しているとは思えないですし、事故と向き合っているとも思えない。不具合を理由にするなら謝罪する必要はないはずです。私から断ったので『もういいか』と思ったのかもしれません」

真実を知りたいと願う先には3つの思いがある。

「ひとつは私たち遺族の心の回復です。愛する人を失っても生きていかなくてはいけない遺族は、真実を知ることで前を向いていける。もうひとつは再発防止です。事故はなぜ起きたのか、ということが明らかになれば(行政側が)議論に持ち込むことができるようになります。あとひとつは今後の人のために。日本の司法は判例主義なので間違った判例をつくりたくないです。司法には適切に裁いていただきたいです」

8日に「池袋暴走死傷事故」の初公判 妻子なくした男性は「真実知りたい」
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19015799/

Loading・・・

新着記事フィード(自動取得された記事です)

おすすめの記事