人気記事!

おすすめの記事!


※このRSSフィードはVIPインフォ速報独自システムにより配信されています。
相互依頼は問い合わせフォーム よりお願いします。



Loading・・・

プチエンジェル事件(プチエンジェルじけん)とは、2003年7月に東京都赤坂にあるウィークリーマンション一室で起きた、小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。

犯人は無店舗型の非合法の未成年者デートクラブ「プチエンジェル」を経営。女子高生数人をスカウトとして雇い、渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたチラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、男性客に斡旋、その他わいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた。また本人も過去に買春で逮捕歴があり執行猶予中だった。

その後の捜査によって、借りていた埼玉県久喜市のアパートから1,000本以上のビデオテープと2,000名に及ぶ顧客リストが押収された。しかし、多くが偽名であることを理由に捜査は打ち切られた。

不可解な点
・死亡した犯人の所有物から顧客リストが発見され、リストには裁判官や警察官、政治家、医者、皇族の名前もあった
・警察は単独犯だと決めつけただの監禁事件で終わらせた
・報道機関が一斉に報道しなくなったり渋谷で起きた事件などと嘘の報道をした
・この事件を取材していたフリーライター、染谷悟は後に殺害された
・少女達の情報公開を発表した途端、容疑者が死んで、少女が逃げ出してきた
・4司法解剖される間もなく「自殺」と断定された
・床や壁が薄いにもかかわらず少女たちは騒がなかった
・犯人の顔を既に見てる少女らにアイマスクをさせたのはなぜ?
・ATMに金を下ろしに行った(自由に行動できた)少女がいた
・マンションの管理人が何十人もの小学生の出入りに気づかなかった
・手錠でポリタンク(水を抜けば逃げられる)に拘束されていた報道が、いつのまにか逃げられない鉄アレイに変わっていた

Loading・・・

新着記事フィード(自動取得された記事です)

おすすめの記事