人気記事!

おすすめの記事!


※このRSSフィードはVIPインフォ速報独自システムにより配信されています。
相互依頼は問い合わせフォーム よりお願いします。



Loading・・・

1: 幻の右 ★ 2020/10/23(金) 07:28:05.00 ID:CAP_USER9
no title

大浦の父が10月に亡くなった際は仏式の葬式で送ったという

愛し合い、理解し合って一緒になったはずなのに、結婚してから明らかになる意外な事実。それは借金であることもあれば、出自や犯罪歴なんてこともあるかもしれない。そして宗教観も──。

信仰の自由は憲法で保障されているが、夫婦でその感覚が異なると、すれ違いも多くなるものだ。とある芸能人夫婦の間にも、宗教を巡る“違和感”が存在し続けていたという。

《今日はいつもと違う内容になります。ずっと悩まされてきた事について書きます》

俳優の大浦龍宇一(51才)の妻でシンガーソングライターのゆりえ(30才)が、自身のブログに心情を吐露したのは10月13日のことだった(現在は削除済み)。

大浦はドラマ、『この世の果て』(1994年・フジテレビ系)『失楽園』(1997年・日本テレビ系)のほか、多くのドラマに出演する名バイプレーヤーだ。父が元俳優の高田由紀夫、叔母が女優の高田美和という芸能一家に生まれ育っている。その大浦の再婚相手がゆりえ。元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子の長女で、2019年3月に結婚したときには“22才差婚”が大きな話題となり、夫婦揃ってバラエティー番組に出演したこともあった。

なれそめは舞台での共演。その後、一緒に曲作りをするうちに交際に発展したという。しかし、結婚後わずか4か月で離婚騒動が勃発していた。

「昨年7月、ゆりえさんが、離婚を前提に別居を始めたとSNSで告白したのです。ところが大浦さんはそれを“夫婦げんか”と否定。その後は関係が修復したようで、互いのブログで仲むつまじい様子が見られていました」(芸能関係者)

しかし、ゆりえの側は、入籍直後から違和感を覚えていたようだ。発端は、大浦がある宗教に入信したこと。そう聞かされたゆりえは、突然のことに戸惑いながらも、信仰の自由はあるし、それで気持ちが落ち着くのならいいことだと理解を示そうとしていたという。しかし、《それ以来、夫は変わり果てて行きました》とブログで語るゆりえ。大浦の変化は、そのまま夫婦の関係を劇的に変えた。

《私と真剣に向き合い、自分の言葉で話し合いを重ねてきた夫はこの世から姿を消し、今は常に神のお告げにのみ心を傾けるようになりました》

夫の信じる神の存在は、夫婦の関係だけでなく、夫の言動も変えていく。

《私が仕事のために実家に帰ると、サタンが取り憑いたと言われたりもしました。私にはよくわかりません》

本誌・女性セブンは直接、ゆりえに話を聞いた。

no title

妻のゆりえ(公式ブログより)

「去年の入籍直後、夫に知り合いができて、そのかたの考えに感銘を受けて入信したようなのです。ファンクラブに入会するような気持ちだったり、マイブームみたいな感覚なんだと思います。熱中の仕方も少年の心を捨てきれていないんじゃないですかね」

と大浦をフォローしながら、こう続ける。

「ただ、家族だろうと親友だろうと変わらないと思いますが、その人の心と会話ができるかどうか。突然できない状況になってしまうと、今回の私みたいに一時的に落ち込んでしまうと思います」

入信を聞かされたときには、疑問も抱いたという。

「“じゃあ、将来入るお墓は違うの?”って言いました。私たちは22才の年の差があって、平均寿命からするとあとどれだけ一緒にいられるんだろうと思っていて、その先は同じお墓に入れないの?って」(ゆりえ)

ただし、その後のブログでは、《夫婦で話し合う事ができ、少し距離を取ることでバランスを保つ期間を作れました》と、宗教観の違いを乗り越えようとしている。夫に向ける言葉はあくまで温かい。

「“自分を見失わないでね”という感じです。ブログを書いた後、干渉し合わないけど、お互いを理解し合うことを約束しようと話し合ったんです」(ゆりえ)

※女性セブン2020年11月5・12日号

10/23(金) 7:05
https://www.news-postseven.com/archives/20201023_1606296.html?DETAIL

51: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:57:05.02 ID:/75HsIVu0
>>1
51のジジイにしてはかなり若く見える

 

265: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 11:39:45.60 ID:mP2k42Ja0
>>1
幸福の科学製作の映画に出まくっているけど、信者ではないらしい。
異教徒・邪教の信者を出演させていいのかイタコ芸人は?

 

5: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:32:16.02 ID:ujpQJhY50
なんの宗教なんだろ?

 

7: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:32:56.94 ID:efjMkTB40
>>5
キリスト教

【俳優】大浦龍宇一「信仰を家族に強要したことも一度もありません」 妻への週刊誌取材で反論 [幻の右★] https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1603338832/

 

9: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:34:38.03 ID:0ftgjpXt0
>>7
そうだな

俳優の大浦龍宇一さんが、妻でシンガーソングライターのゆりえさんとのトラブルをめぐる報道に言及した。

2019年に結婚した大浦さんとゆりえさん。しかし、以前から別居が報じられており、ゆりえさんは2020年10月19日に自身のブログの中で、宗教関係の本が大浦さんから送られてきたことを告白。一方的な発信に対し大浦さんは、ブログで関係を修復するために一緒に読んでいた本を改めて贈ったことを説明していた。

■「すべての事実は息子が知ってくれています」
そんな夫婦間のトラブルが物議を醸していたが、大浦さんは10月22日に改めてブログを更新し、
「今日、発売される女性セブンに、『宗教と家庭』というテーマで、私の知らない間に、妻ゆりえが、こらの取材を受けていました」

とゆりえさんが週刊誌の取材を受けていたことを告白。記事を読んだ心境について、

「ただ、悲しく思っています
と明かした。

「女性セブン」11月5・12日号は、「実力派俳優『サタンが取り憑いた』入籍直後の入信で宗教トラブル」の見出しで、ゆりえさんの過去のブログ投稿や、ゆりえさんへの女性セブンによる直接取材を通じて、大浦夫妻について報じている。
この記事について大浦さんは、

「読者の皆様にとても大きな誤解を招く内容の文面になっていました」
と指摘し、
「私は、人を赦す愛というものを覚えたく、正当なプロテスタント教会で、昨年の11月に洗礼を受け、現在クリスチャンとしての信仰を持っています」
「妻に面と向かって、サタンが取り憑いたなどと、私は怖くて言えません。クリスチャンとしての信仰を家族に強要したことも一度もありません」
と反論。また、この報道については息子に事前に伝えて時間をかけて話し合いを行ったといい、
「すべての事実は、息子が知ってくれています」
と断言。最後には、
「家族の問題は、家族の中でしっかりと真剣に話しあい、解決していきたいと思います」
とつづっていた
JCASTニュース
10/22(木) 12:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/648a60cb6a5cedc79ebb7f6042b24eae7c0b8110

 

111: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 08:26:23.22 ID:1vafwGxS0
>>9
あーコレもう無理だわ
まったく話ができていない
嫁さんも離婚すればいいのに

 

123: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 08:36:50.91 ID:he0V67X80
>>9
エホバかと思ったけどキリスト教なんだ
でもキリスト教って向こうの人多いからオセロの人みたいに洗脳されてるなら別れた方がいいよ
トラブルしか持ってこない債務になってるから

 

126: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 08:39:10.82 ID:V5jCwInY0
>>9
団体名を挙げない正当なプロテスタント教会ってとこが怪しいな
ウリスト教か西早稲田系じゃね?

 

210: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 10:05:58.03 ID:H7UT1Cs90
>>126
正当なプロテスタント教会とされてる日本基督教団も西早稲田の例のビルに事務局があったりするので
キリスト教=と思っておけば間違いない。

 

206: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 10:00:49.09 ID:UvZVp2h70
>>9
新興宗教ではないキリスト教だって
人によってはかなり気持ち悪く感じることはある



8: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:34:00.17 ID:AS1Uow5L0
幸福の科学かな?

 

14: 屁人(宅建持ち拓大卒エリート) ◆rBF.qZ4G9ZnX 2020/10/23(金) 07:38:29.71 ID:60x2oQQC0
>>8
幸福の科学ならこんなことは起こらない
蝿の王ベルゼバブに操られない限りは

 

21: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:45:55.22 ID:1H2xgnzg0
>>8
幸福の科学は芸能人信者獲得に熱心だけど「サタン」はそんなに重視されてなかったはず
同じく芸能人信者獲得に熱心な統一協会(今は世界平和統一家庭連合に名称変更)は「サタン」をよく使う

 

28: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:49:30.85 ID:fQnIViwU0
>>21
獲得に熱心でも、清水のように親が信者だから信者になったパターンしかないけどなw
自らの新規信者は居ないw

 

33: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:50:43.82 ID:q/vACmW40
>>21
>>26
だね

 

299: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 12:55:48.61 ID:HTZW2YtJ0
>>8
清水富美加も幸福の科学好きで出家したわけでなく電通に利用されるから仕方なく逃げ道として出家したんだからね

 

11: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:34:59.99 ID:0TCN0imB0
悪魔も神だが、それが分からないようでは簡単に騙される

12: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:36:21.85 ID:zUslmDSl0
プロテスタントって要は非カトリックってだけのおおまかなくくりであって宗派はそれぞれ千差万別だからなあ

 

13: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:38:27.65 ID:Ak5k9kRp0
家庭内の問題を公にするってもう終わってると思うんだけどね

 

19: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:43:05.63 ID:7exiqMHH0
年の離れた夫婦なんだぬね

 

44: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:55:11.79 ID:tb74XiJ30
ひゃーこりゃ大変だな…
宗教は同じ信仰どうしで結婚するべき

 

48: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:56:20.84 ID:iLvymw4F0
この人前妻との間に子供がいてシングルファーザーじゃなかったっけ
結婚したんだ
子供はどうしてるんだろうか

 

49: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:56:52.74 ID:Z78QdDRK0
大浦龍宇一自体が貧乏神と言うか
何かに取りつかれてる感じはする

シングルファザーだったし大変なこと多かっただろうけど雰囲気が…ダメだわ

 

52: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:57:12.08 ID:V7kGB+XR0
サタンじゃあ、仕方ないな( ´∀`)

 

57: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:58:50.11 ID:Wp8gDowi0
サタンが取り憑くって何の宗教なの?

 

60: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:59:49.79 ID:noQI/OqR0
>>57
キリスト教でも
サタンやデーモン祓いで金稼ぐ宗派はある
一般的で善良なキリスト教の宗派はサタンやデーモンなんてミサに行っても話にも出てこない

 

234: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 10:39:08.84 ID:KyLkbIM40
>>57
統一教会に代表される韓国のプロテスタント系が日本をサタンと見立てる教義が多い

 

65: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 08:01:29.95 ID:0TuIguz70
マジレスすると聖書においてサタンは一人しかいないから、仮に実在したとしてもたった一人の人間に取り付くなんて非効率なことはしない。

 

140: 不要不急の名無し 2020/10/23(金) 08:47:34.73 ID:NhUbDrXQ0
>>65
これな
悪魔がとりついたならまだ分かる

本気でキリスト教絡みはどれも信用できないわ

 

67: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 08:05:07.20 ID:QrCy8CW90
もう別れた方がいいだろ
大浦は男前だからまだ新しい恋愛すればいい
寺田理恵子娘もまだ若いから大丈夫

 

82: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 08:12:08.06 ID:uxXaaU4q0
日本独特の曖昧な宗教観で良いのに

 

引用元:【芸能】「サタンが取り憑いた」大浦龍宇一、結婚直後の入信で妻困惑 [幻の右★]・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1603405685/


 

Loading・・・

新着記事フィード(自動取得された記事です)

おすすめの記事