人気記事!

おすすめの記事!


※このRSSフィードはVIPインフォ速報独自システムにより配信されています。
相互依頼は問い合わせフォーム よりお願いします。



Loading・・・

続編撮影中『キングダム』 王騎将軍・大沢たかおが全治2カ月の大ケガ | 文春オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/19b96dbb2a9d3f33eb787cdcee92fcc8dacb8648
https://bunshun.jp/articles/-/40729

10/7(水) 16:01配信

source : 週刊文春 2020年10月15日号

中国の春秋戦国時代をテーマにした、累計発行部数6600万部超の大人気漫画『キングダム』。その映画化第1作は山﨑賢人(26)、吉沢亮(26)、橋本環奈(21)ら豪華キャストを揃えて昨年4月に公開、興行収入57億円の大ヒットを記録した。

今年5月には続編の制作が発表されたが、その背後には壮大な計画があることが「週刊文春」の取材でわかった。同作の制作関係者が証言する。

「実は、パート4までの制作が決まっているのです。しかも、すでに6月にクランクインしているのですが、2~4の3作を一気に撮影するという邦画史上初の試みです」

続編で重要な役回りを担うと目されるのが、将軍・王騎を演じる大沢たかお(52)。第1作でも体を徹底的にビルドアップして役作りし、中華最強と謳われる王騎を見事に再現した。

だが、撮影が一時休止中だった8月初旬、大沢をアクシデントが襲っていたことが判明。

「大沢さんは休止中も筋肉をキープすべく、毎日ハードな筋トレをしていた。しかしその最中『腹直筋断裂』という全治2カ月の大ケガを負ったのです」(撮影関係者)

ケガの約2週間後には撮影が再開。大沢は山﨑ら共演者には何も告げず、終日、馬上での撮影をこなしたという。大沢は週刊文春の取材に対し、ケガの事実を認めた上で、「かなり痛みはありました」と苦笑し答えた。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

Loading・・・

新着記事フィード(自動取得された記事です)

おすすめの記事